資金調達におすすめの事業者ローン3選 » 番外編:事業者ローン契約後

番外編:事業者ローン契約後

融資を受けた事業者ローンの契約後に関する情報をまとめてみました。

事業者ローン会社に契約した後の悩み・問題点について

経営者が事業を起ち上げる際にお世話になることが多い事業者ローン。こちらのカテゴリでは、そんな事業者ローンの契約を結んだ後によくある悩みなどに関する情報についてくわしく掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。

事業者ローン借り換えってできるの?

会社の資金繰りなどがむずかしくなってしまい、当初の契約時に立てていた返済計画通りに返済を行えなくなった場合、より金利の低い金融機関に新たに借り入れなおすことを「借り換え」といいます。一見、利用者にとっては複数のローンを一本化できるといったメリットがありますが、審査がきびしくなる、保証協会では利用できない、といったさまざまなデメリットがあることも事実です。また、金融機関によっては、新たに登録費用や事務などにかかる諸費用が発生することもあります。あくまで返済者の信用力や返済能力の有無に左右されることになるので、利用時にはよく注意しておくようしましょう。また、それぞれの金融機関に相談してみるのもいいでしょう。

事業者ローンの繰り上げ弁済って違約金が必要?

事業者の状況によっては、今まで借り受けた資金を一括で返済することができる繰り上げ弁済を利用することができる場合があります。利用者にとっては、今まで重荷になっていた返済がまとめて無くなるという夢のような方法ですが、この繰り上げ弁済を利用するには非常に金融商品の内容や、そもそもの契約自体にもさまざまな制約を受ける場合があります。場合によっては、当初の返済計画に基づいた金利を支払わないということで、多額の違約金や手数料を請求されるケースもあるようです。こちらのページでは、実際の体験談も交えて繰り上げ弁済に関する情報をまとめてみました。メリットやデメリットなどに関することも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

事業者ローンの返済日って変更できる?

毎月の返済日は事業者にとって一番の悩みの原因。返済日が遅れるということは、その企業の信頼度を左右してしまうことにもつながってしまいます。そのため、言うまでもなく事業者は、返済期日通りにお金を入金する必要があるのです。しかし、やむなく返済日を延長、もしくは返済日自体を変更してもらう必要がある場合には、どのようなことに注意しておけばいいのでしょうか? こちらのページでは、それらの情報についてわかりやすく解説。実際に返済日について悩んでいる事業者の体験談、返済が遅れてしまった場合の損害遅延金に関する利率についても掲載しています。あとからトラブルで右往左往しないようにぜひ参考にしてみてください。