資金調達におすすめの事業者ローン3選 » 番外編:事業者ローン契約後 » 事業者ローンの借り換えって違約金が必要?

事業者ローンの借り換えって違約金が必要?

事業者ローンの借り換えについての実例を紹介しています。

事業者ローンの契約後に行う借り換えに関する実例

個人や法人の事業者がすでにローンを使っていた場合の借り換えについての情報を、実際の事例を中心にまとめてみました。

資金繰りが困難になって

知り合いと一緒に小さな会社を設立しましたが、1年後の決算時に600万円ほどの使途不明金が発覚。知り合いが使い込みをしていたことがわかりました。現在では関係は断絶となり、知り合いがひとりで会社の運営をしているみたいですが、資金繰りが困難になり某銀行から高金利の担保付きビジネスローンから借りているようです。うわさでは、保証協会といった安い金利のところに借り換えたいと考えているようですが、そんなことが可能なのでしょうか?

A.借り換えはむずかしいでしょう。
保証協会は、運転資金や設備資金以外では利用することができません。そのため、今回のように借り入れをしている借金を返済するための用途では、利用することができないのです。今回の対処法としては「現在のビジネスローンを完済させる」ことが必要になります。

個人事業主の借り換えは可能なのか?

現在、個人経営で会社の運営をしていますが、金利が高くてもっと安いローン会社に借り換えたいと考えています。自分のような個人事業主でも借り換えは可能なのでしょうか?

A.可能ではあるが審査が非常にきびしくなる
原則として借り換えは可能であるものの、審査の上で不利となってくるのは間違いありません。その理由が収入の安定度。毎月決まった金額が得られるサラリーマンとはちがい、フリーランスなどの個人事業は安定度がとても低く判断されてしまいます。ですが、個人事業主が必ずしも審査で落とされてしまうということはありません。安定度を証明する収入証明書や延滞などをせずに返済していることが証明されれば借り換えることは可能になります。

借り換えのさいの違約金について

不動産の貸付会社をしていますが、現在運営のためにA銀行から長期借入金があります。この度市場金利が低くなってきたので借り換えを行うことにしました。その時に繰り上げ返済のために解約違約金を支払うことになったのですが、これは必要経費になるのでしょうか?

A.必要経費として計上できます。
繰り上げ返済のために、銀行が得るべきであった利益を補てんするということになるので、損害賠償金の一種と見なされます。

これまでの事例のように、事業者ローンの借り換えには厳しい条件が設けられていますので、最初の借り入れ会社の選定がとても大切になってきます。十分にチェックを重ねて借り入れを行っていくといいでしょう。