資金調達におすすめの事業者ローン3選 » 全部教えます!事業者ローン大事典

全部教えます!事業者ローン大事典

事業者ローンに関する情報をすべてまとめました(金利の決まり方や審査方法、融資を決めやすくするコツなど)。

事業者ローンのすべてがわかる

事業者ローンとは、中小企業や個人事業主向けを対象に、事業性資金を融資するための金融商品のこと。以前は「商工ローン」という呼び方をしていましたが、いまでは事業ローンやビジネスローンといった名称を使用するのが一般的です。

貸し出す金融機関は、銀行系とノンバンク系と大きく2種類に分けられます。銀行系の方が金利が低めですが、その分審査が厳しくなっています。

事業者ローンの特性

事業者ローンとはメリットとして一番に挙げられるのが、審査から融資までのスピードが早いことです。通常の銀行融資や政府系金融機関の融資は、審査に数ヶ月かかることもありますが、事業者ローンの場合は3~5日で結果が出ます

また、基本的に担保を必要とせず、第三者の連帯保証人も不要なのが大きな特徴。手続きが簡単で、提出書類が少ないのもメリットといえます。

デメリットとしては、公的融資や一般の銀行融資に比べると金利が高くなること。また、融資の上限額が低めに抑えられているので、多額の資金調達には向いていません。

審査で使われるスコアリングシステム

事業者ローンの最大の特徴である、スピーディな審査を可能にしているのが、各社が導入しているスコアリングシステムと呼ばれるもの。これは、決算書の数字をコンピュータに入力するだけで、その内容をスコアリング(点数化)し、その結果によって融資の可否、金利、返済期間などを決定するものです。

したがって、事業者ローンでできるだけよい条件で融資を受けるためには、決算書の内容が良いことが条件になります。提出書類が少ない分、決算書の良し悪しがすべてを決めてしまうといってもよいでしょう。

ここでは、この他に事業者ローンで融資を受けるための条件や、返済方法と返済例、審査が通りやすくなるコツなどについても紹介していますので、これから事業者ローンを利用してみたいと検討している人は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。