事業者ローンとは

ここでは一般的に事業者ローン(事業ローン)と呼ばれる事業者向けローンの特徴や事業融資について説明しています。

  1. 事業者向けローンとは
  2. 事業融資とは
      2-1. 無担保融資
      2-2. 担保融資
      2-3. 商業手形割引
 

事業者向けローンとは

事業者向けローンとは

事業ローンとは、小口で比較的短期の事業性資金に使うことを目的としたローン商品。主な対象は、中小企業や個人事業主などです。

審査のスピードが早く、ほとんどの場合は無担保で連帯保証人も必要ないという特徴を持っています。融資額は1,000万円程度までで、金利は通常の銀行融資よりも高めに設定されています。かつてノンバンクが行なっていた、商工ローンと仕組みはほとんど同じです。

また、今の事業ローンはノンバンク系だけでなく、銀行系(銀行・信用金庫など)のものも数多くあります。銀行系の事業者向けローンの特徴は、ノンバンク系に比べ金利が低いこと。ただ、その分返済期間が短く設定されています。また、審査の日数がかかる傾向にあります。

ノンバンク系の事業者ローンは、審査に要する時間は2~3日程度で、金利は高めですが返済期間が長めで審査にも柔軟性があるので、急を要する場合に向いていると言えるでしょう。

銀行系とノンバンク系の事業者向けローンには、それぞれメリット・デメリットがあります。審査スピード、融資金利、返済期間などを検討しながら、目的や状況に応じて使い分けすることをお勧めします。

PICKUP
柔軟な対応が評判のビジネスローン会社3選≫
 

事業融資とは

事業融資とは事業融資とは、企業や個人事業主が事業経営に必要な資金を、金融機関から借り入れることをいいます。

これだけだと、事業ローンやビジネスローンとの違いがわかりにくいかもしれません。事業者向けローンが、一般的に無担保・保証人不要の金融商品を指すことに対し、事業融資の場合は無担保融資、担保融資、商業手形割引などの種類があります。

ただ、現在ビジネスローンと呼ばれるものの中には、不動産や有価証券を担保とするものも登場しているので、区別がつきにくくなっているのも事実です。

無担保融資

担保や保証人を必要としない融資。担保がある場合に比べると、金利が高く利用限度額は低めに設定されています。第三者の保証人は必要でなくても、法人の場合は代表者が連帯保証人となるケースがほとんどです。

担保融資

不動産や有価証券を担保として融資を行うことを言います。返済不能になった時の貸す側のリスクが少なくなるため、無担保融資と比べると金利は低く利用限度額も高く設定されます。

利用者側は、低金利で大きな資金調達ができるというメリットがあります。

商業手形割引

企業が売上を上げて、代金決済方法として取得した受取手形を、銀行などの金融機関が買い取るかたちで融資をする方法。買い取りといっても、実際は手形が担保になっている融資と同じことで、手形が不渡りになると商業手形割引を依頼した企業は買い戻さなければなりません。

以上のように、事業資金の調達方法にはいろいろな種類があります。何のために資金が必要なのか、緊急性があるか、担保として使える不動産などを所有しているかなど、状況をよく把握しつつ計画性を持って融資の申込みをすることが重要です。