事業者ローンの審査方法

ここでは、事業者ローンの審査基準として採用されているスコアリングシステムについて解説しています。

事業者ローンの審査基準はスコアリングが基本

ビジネスローンは無担保・無保証で借りることができるのが特徴ですが、他の融資と同様に審査があります。

融資の審査というと、会社の経営状態や財務状況などを細かく調査して、融資の可否を判断するのが一般的。ただ、この方法では審査結果が出るまでに日数がかかってしまいます。

そこで、審査から融資までをスピーディに進めるために、ビジネスローンで採用しているのがスコアリングという仕組みです。

スコアリングの審査基準

ビジネスローンの審査基準はスコアリングが基本クレジットスコアリングスコアリングシステムと呼ばれます。決算書などの内容をデータベースに入力するだけで、企業の信用度合いを点数化(スコアリング)して、融資の可否から融資枠、金利、返済期間までを即座に決定するものです。

これまで1ヶ月以上かかっていた審査がシステマティックに行われるようになり、3~5日のスピード審査が可能になりました

スコアリングの中身については企業秘密となっており、公開されていません。金融機関各社で属性の点数変換方法や審査の際に重要となる要素も異なりますが、決算書の数字をベースとして融資対象者の年収や業務年数、企業属性、借入状況などが重要視されると言われています。

スコアリングの合計点が高いほど、信用度も高いということになりますので、融資枠は大きくなり金利は低く抑えられ返済期間も長くなります。逆に、どれほど将来性のある事業を行なっていて、経営者の熱意があってもスコアリングシステムの点数に反映されなければプラスの材料にはなりません。

スコアリングシステムによる審査では、決算書の内容がすべてといっても過言ではありません。したがってできるだけ大きな金額を有利な条件で融資してもらうためには、スコアリングの特徴を理解した上で、高い点数を獲得するための決算書を用意することが重要になります。

PICKUP
審査が早いと評判の事業者ローン会社3つピックアップ≫