資金調達におすすめの事業者ローン3選 » 知って損なし!事業者ローンの活用ケース

知って損なし!事業者ローンの活用ケース

事業者ローンは、使用用途が事業に関するものであれば、あらゆる資金の調達にも応じてもらえるのが特徴です。

事業者ローンの活用事例

しかも、無担保・無保証で審査から融資実行までの時間が短いため、急に資金が必要になった場合にとても便利。とはいえ、事業者ローンにも得意な分野・不得意な分野があるため、使い途に応じて活用法を検討することが必要になります。

開業資金

開業資金は、これから事業を始めようとする場合に必要となる資金です。

しかし、事業者ローンの審査は2期分の決算書を数値化して行うのが基本となっているため、事業実績がない場合は審査が通る可能性は低いといえます。なかには開業資金に利用できる事業者ローンもありますが、事業計画書や経営改善計画書などの書類が必要になります。

つなぎ資金

つなぎ資金は、売掛がメインの会社が入金の遅れなどが生じると現金が不足するため、それを補完するために必要となる資金です。

通常の銀行融資などでは時間がかかるためそれを待つ間、事業者ローンを活用するのが有効です。スピードを重視する場合は、銀行系よりノンバンク系の事業者ローンがおすすめです。

運転資金

会社が売上低迷などで資金繰りが悪化した時に、事業を維持するために必要となるのが運転資金です。

急に業績が悪化したような時は審査が厳しい銀行から融資を受けるのが難しくなります。その点、事業者ローンの場合は返済できるかというよりも、融資できるかに焦点を当てて審査するため借入れがしやすいのが特徴です。

事業拡大のための資金

経営が順調でさらに事業を拡大するために必要となる資金です。

長期的な視点で必要となる資金は公的融資や銀行融資を検討するのが一般的ですが、審査に時間がかかるのでスピードが求められる場合には向いていません。早く動かなければビジネスチャンスを逃してしまうといった場合には事業者ローンが最適です。

以上のように、どんなビジネスシーンにおいてもすべて事業者ローンがよいというわけではありません。事業者ローンの性質をよく理解して有効に活用することが重要です。

事業資金の種類別の事業者ローンの活用方法については、さらに個別に詳しく解説していますので、資金調達の方法として事業者ローンを検討している方は是非参考にしていただければ幸いです。