つなぎ資金

一時的な入金遅れで、資金がショートしてしまう可能性もあります。そこで、事業者ローンを使って、つなぎ融資を受けることの有効性について調べてみました。

つなぎ融資として事業者ローンを利用するのはアリ

つなぎ融資として事業者ローンを利用するのはアリ

ビジネスは、いつも計画通り順調に進んでいれば問題はないのですが、予期せぬこともしばしば起こります。時にはキャッシュ・フローが悪くなり、事業を存続させるためにつなぎ資金が必要になることもあります。

つなぎ融資とは

つなぎ融資は、実は住宅ローンでよく耳にする言葉。住宅を購入する時には融資を受けますが、住宅ローンは住宅が完成するまで融資が実行されません。

ところがその間、工事の進行状況に合わせて契約金額の支払いをしなくてはなりません。そこで、住宅ローンとは別にローンを一時的に組んで支払いに充てるのですが、これをつなぎ融資と呼びます。

ビジネスでのつなぎ融資

つなぎ融資として事業者ローンを利用するのはアリビジネスの世界では、売掛金が多い事業だとつなぎ融資を行う可能性が高くなると考えられます。売掛金は代金の支払いが1か月後、あるいはもっと長くなることも。ですが、入金を待っている間も商品の仕入れなどで支払いは発生します。

入金と支払いをギリギリのスケジュールで資金繰り計画を立てていることも少なくありません。そこに入金の遅れなどが生じると、場合によっては資金がショートしてしまう可能性も出てきます。

そのような状況にならないために、日頃から取引銀行などの金融機関に相談して、運転資金を確保しておくことが重要なのですが、銀行での事業融資は審査も厳しく時間がかかってしまいます

そこで本格的な事業融資をを待つまでの間、事業者ローンで短期間つなぎ融資を行うことが有効な方法として考えられます。事業者ローンには、審査から融資実行までの時間が短いという特徴がありますので緊急事態にも備えられるというわけです。

売掛金に入金が遅れているという理由で、安易に支払いを延ばしてしまうと会社の信用を落とすことにもつながりかねませんので、できれば避けたいところです。そんな時に役に立つのが事業者ローンを利用したつなぎ融資なのです。

なお、つなぎ資金調達のための事業者ローンには銀行系とノンバンク系とがあります。時間がなくてスピードを重視する場合は金利は少し高くなりますが、ノンバンク系の方が確実でしょう。