資金繰りの悪化・運転資金

ここでは、資金繰り悪化時に運転資金を調達するための事業者ローン融資について解説しています。

運転資金の調達は事業者ローンがオススメ

会社や事業経営は、利益を上げ続けることが使命です。ところが、よい時ばかりではなく売上が低迷して思うように利益が確保できないこともあるでしょう。

また、売上は伸びていても利益率が低かったり、売掛けばかりだと現金が不足して運転資金が無くなってしまい、資金繰りが悪くなることもあります

資金繰りのための融資は取引銀行に相談しないほうが吉

運転資金の調達は事業者ローンがオススメこのような状況から抜け出すためには、運転資金を調達するために取引のある銀行からの融資を検討するのが普通です。

ただ、大きな事業に参加するなど前向きな運転資金なら話は別ですが、経営状況が厳しい中での運転資金の融資に関しては、審査が厳しい銀行は消極的で借り入れができないといったこともあります。

さらに、銀行の事業融資では決算書はもちろん、事業計画書などいろいろな書類を用意しなければならないので、手続きが大変なことも難点。政府系金融機関での公的融資を検討するのも一つの方法なのですが、審査から融資が実行されるまでの時間が数ヶ月かかることもあるので、急ぎの運転資金の資金調達には不向きと言えます。

運転資金は事業者ローンと相性がいい

運転資金の調達は事業者ローンがオススメこのような時に便利なのが事業者ローン。事業者ローンは原則、無担保・無保証で契約をすることができますし、ある程度まとまった金額でも審査が早くスピーディに融資を受けられるからです。

もちろん事業者ローンにも審査はあります。2期分の決算書の提出が求められ、決算書の内容が思わしくなければ審査に通らない可能性もあります。

とはいえ、銀行とは違い返済できるかということよりも、融資できるかに焦点を当てているため事業計画書の提出は求められず、銀行の融資に比べれば圧倒的に借りやすいといえるでしょう。

運転資金には、売上増加に伴い必要となる長期の運転資金や賞与資金、季節資金、納税資金など短期の運転資金があります。

現在の経営状況をしっかり把握した上で、どのような運転資金のためにどの程度の融資が必要なのかを明確にしておけば、事業者ローンを活用するのは決して悪い選択にはならないはずです。