ビジネスパートナー

ビジネスパートナーを調べました。会社・商品の特徴や評判について紹介しています。

ビジネスパートナーの事業者向けローン商品

商品名 ビジネスローン
実質年率 9.98%~18.0%
融資額 50万円~500万円
担保、保証人 原則不要 ※法人の場合は代表者の連帯保証が必要
返済方式 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済
 
PICKUP
ビジネスパートナーだけじゃない?おさえておきたい事業者ローン会社3選≫
 

ビジネスローン商品を中心に顧客数4万社以上の実績

ビジネスパートナーのサイト画像ビジネスパートナーは、法人や個人事業主向けに不動産担保ローン、スモールビジネスローン、ファイナンスリース、割賦などのサービスを提供するファイナンス会社です。

本店は東京にありますが札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡に支店を持って全国展開しており、2014年3月時点での顧客企業数は4万社以上となっています。

ビジネスローンと不動産担保ローンがメインの商品となりますが、大手の業者が行なっていないニッチ分野への参入にも積極的。事業者の設備導入時のサービスとして、リースや割賦にも対応している点が特徴です。

原則無担保・無保証のスモールビジネスローンは最高限度額が500万円となっており、事業資金の範囲であれば使徒自由で追加融資は、10万円以上から何度でも利用することができます。

融資の手続きは契約までネット、FAX、郵送でできるので店舗まで足を運ぶ必要はありません。審査に必要な書類は法人の場合は本人確認書類、登記事項証明書、印鑑証明書、決算書2期分で、個人事業主の場合は本人確認書類、印鑑証明書、確定申告書2年分、借入計画書となっています。

審査の結果が出るのは翌営業日で、契約の際に印紙代がかかる他には事務手数料は一切かかかりません。また、契約期間中に繰り上げ返済をすることも可能で、その際も繰上返済手数料が不要なので良心的と言えるでしょう。

なお、不動産担保ローンの方は融資限度額が最高1億円となり返済期間が最長20年と長期になっているので、長期返済で高額融資を受けたいといった場合に向いています。

不動産担保ローンの担当者が対応することになりますが、スモールビジネスローンと同様に必要書類さえ揃っていれば店舗まで行くことなく契約が完了するので面倒な手間がかかりません。

ビジネスローンの商品内容については、特に目立った特徴はないですが、顧客数が多いので信頼性の高さという点で安心できる会社と言えそうです。

カードローン感覚で利用可能

ビジネスパートナーはスモールビジネスローンと不動産担保ローンの2種類があり、どちらも個人用の銀行カードローンのように借り入れ・返済を行うことができます。全国どこにでもあるセブンイレブンのATMで24時間、貸出も返済も可能となっていますので、いつでも自分のタイミングでできるのは忙しい事業者にとっては有り難い限りです。

例えば、返済締切日前日に期日が翌日であったことに気が付いた、翌日は会議や現場作業が立て込んでいて銀行に行く時間もない…という場合、1人でやっている個人事業であれば返済が遅れてしまうことにもなりかねませんが、セブンイレブンのATMで返せるなら遅くに仕事が終わっても夜中に返済をすることが可能です。

借り入れを必要としている場合も、土日に資金が必要となった時でも週明けの振込待ちをする必要もなく資金を用意することが可能です。

ATM手数料が無料

ビジネスローンなので当然金利はかかりますが、金利の他に振込手数料も回数を重ねると大きな出費となります。ですがビジネスパートナーはセブンイレブンのATMを利用するという方法にも関わらず、スモールビジネスローンと不動産担保ローンのどちらともATM利用手数料は一切かかりません。

返済時の手数料がかからないので、状況によっては追加の繰上返済をしても余計な出費が発生しないということです。

例として返済日以降に顧客からの大きな入金の可能性があり、入金されるのであればその分を返済にまわしたいが返済日にはまだどうなるかわからないという場合、一度通常の返済をしてから後日入金があった場合のみ追加で繰上返済をすることができ、返済手数料も無駄に発生することなく繰上返済をして利息を抑えることが可能となります。

不動産目的ローンなら金利は2.5%から

不動産ローンであれば利率は最低2.5%と優しい金利設定になっています。ただしローンの金利で重要なのは可能性のある最大利率。ローン選びの際には最低利率だけではなく利率の幅も重要なポイントです。

ビジネスパートナーの不動産担保ローンはフリーローンと目的ローンがあり、目的ローンであれば2.5%~9.5%と、最大利率を考えてもかなり低めの設定となっています。

事務手数料が無料

ビジネスローンは融資をしてもらう際に、取引開始事務手数料や融資実行手数料などが発生することもあります。資金を必要としているのに金利以外にも出費がかかるなんて…と腑に落ちないと感じる方も多いのではないでしょうか。

ビジネスパートナーではこうした融資開始の際の手数料、また中途解約手数料などもかかりません。ただし印紙代、登記費用、不動産調査費用などの審査に必要な費用はかかるので注意しましょう。

不動産は第三者名義でなくてもOK

不動産ビジネスローンでは担保にする物件の名義が、融資を受ける自分もしくは会社名義でなくても担保にできるケースがありますが、ビジネスパートナーも例外ではありません。登記順位も問わず、抵当権設定済みの不動産でも審査を受けることが可能となっています。

不動産担保ローンなら最高1億円の融資金額

ビジネスローンは不動産を担保にするローンの方が融資限度額が高くなりますが、それでも多くて3,000万円以下が一般的で、5,000万円ともなるとかなり大きい方といえます。そんな中、最大金額が1億円という金額というのはビジネスパートナーの最大の特徴といえます。(審査により融資額は変動します。)

返済回数も最大240回以内となっており、今後資金が多く必要になるという場合には有り難い融資金額と返済期間となっています。

ビジネスパートナー利用者からの評判

口コミ・評判は見つかりませんでした。

会社情報

  • 会社名:株式会社ビジネスパートナー
  • 所在地:東京都新宿区新宿6-27-56 新宿スクエア6F
  • 設立:1999年11月

おさえておきたい事業者ローン会社3選

(1)ユニーファイナンス

ユニーファイナンスのサイト画像

顧客目線の柔軟な対応が評判

事業者ローンの商品概要

(2)ビジネクスト

ビジネクストのサイト画像

安定したバックボーンが特徴

事業者ローンの商品概要

(3)ビジネスパートナー

ビジネスパートナーのサイト画像

ニッチ分野へ積極的に参入

事業者ローンの商品概要

この記事の関連のページ