日本保証

ここでは、日本保証のビジネスローンの特徴や口コミ・評判について紹介しています。

日本保証の事業者向けローン商品

日本保証公式HP
画像引用元:日本保証公式HP
http://www.nihon-hoshou.co.jp/

商品名 ビジネスローン エール500
実質年率 9.8%~18.0%
融資額 50万円~500万円
担保、保証人 原則不要 ※法人貸付では代表者が連帯保証人となる場合がある
返済方式 元利均等方式、元金均等方式、一括方式、毎月利払い元金期日一括返済方式
 
PICKUP
日本保証だけじゃない?おさえておきたい事業者ローン会社3選≫
 

開業資金や赤字経営でも相談することが可能

日本保証は、Jトラストグループの中の1社で事業者金融、消費者金融をメインに展開する貸金業者です。

あまり名前を聞いたことがないかもしれませんが、かつての日栄、武富士の存続企業と説明したほうがわかりやすいかもしれません。

商品ラインナップは個人向けのフリーローンや不動産担保ローンなどもありますが、事業者向けファイナンス事業に力を入れており、ビジネスローンから手形割引、メディカルサポートローン、有価証券担保ローン、不動産事業者向けローンなどバリエーションが豊富です。

その中で最も代表的な商品が、中小企業向けのビジネスローン・エール500です。融資額最高500万円までで、つなぎ資金や設備投資等の事業資金の融資を原則無担保・無保証で行なっています。

ビジネスローン・エール500は申し込みから融資までたったの5ステップ

ビジネスローン・エール500は、手持ちの資金では足りない急な出費を助けてくれるビジネスローンです。そのため、融資までの流れが非常にスムーズになっています。

融資を受ける場合、必要になる手続きはたったの5ステップ。

  1. 申し込みをする
  2. 連絡を受ける
  3. 審査
  4. 審査をパスすれば融資の契約
  5. 希望額の振り込み

このように、原則として事業者が行うのは申し込みと契約だけです。また、審査結果が出るまで長時間待たされる心配もありません。審査結果は当日行われ、融資実行まで最短2~3営業日なので急ぎで資金が必要な時に大変便利です。

申し込みの方法も、

  • 電話(ナビダイヤルでの受け付け)
  • 日本保証の公式サイト
  • 必要書類の郵送
  • 東京にある店舗窓口での直接申し込み

と複数用意されています。審査結果が出しだい電話かメールで連絡をしてくれるので、入金の予定日まで日がない場合でも安心して融資を申し込むことができるのです。とにかく急いで融資の審査を進めてほしい、審査の状況が知りたいという場合は、ナビダイヤルに問い合わせることもできます。

ただ、郵送で申し込みをした場合は、書類のやり取りに多少の時間が必要です。急いでいるなら、電話・公式サイト・窓口での直接申し込みのどれかを選びましょう。

なお、ビジネスローン・エール500に申し込む際は、

  • 本人確認書類(免許証・健康保険証等)
  • 決算書をはじめ事業の経営状態を確認できる資料
  • 法人の場合は商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書と実印

が必要になります。

総量規制の対象外!他の金融機関から融資を受けていても問題なし

民間の消費者金融から融資を受ける際のルールで、年収の3分の1までしか融資を受けることができないというものがあります。これが「総量規制」です。仮に融資を受けたとしても、個人事業主は公務員や会社員に比べて収入に波があるため、消費者金融はもちろん、ビジネスローンと同じく総量規制の対象外である銀行の融資でもすぐにまとまった資金を調達するのが困難なのです。

その点、日本保証のビジネスローン・エール500なら総量規制の対象外なので、個人事業主でもある程度まとまった資金の調達が可能です。公的機関など、その他の金融機関から融資を断られた事業者でも利用できるという点も見逃せません。いざという時の資金調達手段として、信頼できるビジネスローンを利用できるように準備しておくことも、事業におけるリスクマネジメントです。

事業の立ち上げ時や若手企業でも融資を受けられる

その他、日本保証のビジネスローンの特徴としてこれから事業を始める、あるいは事業をスタートして間もないという場合でも申し込みができ、事業計画書を提出すれば審査の結果により融資を受けることができます。

一般的に、事業や法人が融資を受ける場合、融資額が大きくなるため「問題なく返済ができるという可能性」をローン事業者に示さなければなりません。軌道に乗る前の事業や、はじめて間もない事業、個人経営でまだ経営状態が不安定な事業などは、比較的大きな額の融資を断られることが多いです。

しかし、日本保証では、短期間の売り上げや決算だけを見て融資の実行を判断しているわけではなく、事業の利益率や将来性まで加味して審査を行っています。もちろん、事業計画書の内容が十分に練られたものでなければ融資を受けることはできません。逆にいえば、事業計画さえしっかりしていれば、小規模業者や個人経営の会社でも問題なく融資を受けることができるのです。

赤字経営でも融資に関する相談が可能

また、日本保証のビジネスローン・エール500なら、赤字経営の状態でも融資を諦める必要はありません。

審査には本人確認書や決算書、商業登記簿謄本(法人の場合)などが必要になりますが、決算内容だけで判断していないため赤字経営の場合でも融資の相談ができるのです。

売り上げの入金タイミング等によっては、決算上赤字にはなっていても、実際には倒産とはほど遠い優良経営を行っている事業もたくさんあります。しかし、融資を検討する金融機関やローン会社にとって、「損失を出している企業に融資する」のは非常にリスクの高い判断です。黒字経営の事業に融資する場合に比べると、融資した資金を回収できなくなる可能性が高まるので、赤字決算の事業者がローンを断られてしまうのはある程度仕方がありません。

それでも事業の経営状況や売り上げによっては赤字でも融資を受けることができるという点が、日本保証をおすすめの事業者ローン会社としてご紹介している理由のひとつなのです。

ビジネスローンというと、決算書の内容を機械的に処理されクールなイメージがあります。ただ、日本保証の場合は事情により柔軟に対応してもらえるので、最初からあきらめずに相談するとよい結果が得られるかもしれません。

日本保証を利用した人からの口コミ・評判

  • 他社では断られていたので難しいかなと思っていたのですが、対応が早く審査でOKが出たのでとても助かりました。これを機会に全体の借入れを見直そうと考えています。
  • 思ったより借入可能額があってありがたかったです。審査の回答が早かったのもとてもよかったと思います。
  • 他社から借り入れがあったので結果が出るまでは落ち着きませんでしたが、無事に審査が通り安心できました。

会社情報

  • 会社名:株式会社日本保証
  • 所在地:東京都港区虎ノ門1-7-12 虎ノ門ファーストガーデン10F
  • 設立:1970年3月

 

おさえておきたい事業者ローン会社3選

(1)ユニーファイナンス

ユニーファイナンスのサイト画像

顧客目線の柔軟な対応が評判

事業者ローンの商品概要

(2)ビジネクスト

ビジネクストのサイト画像

安定したバックボーンが特徴

事業者ローンの商品概要

(3)ビジネスパートナー

ビジネスパートナーのサイト画像

ニッチ分野へ積極的に参入

事業者ローンの商品概要

この記事の関連のページ