トラストホールディングス

トラストホールディングスを調べた結果をまとめました。

トラストホールディングスの事業者向けローン商品

商品名 不動産担保ローン
実質年率 15.0%以内
融資額 100万円~1億円
担保、保証人 担保として不動産・動産・有価証券。保証人が必要な場合がある
返済方式 自由返済方式、一括返済方式、元利均等返済方式、元金均等返済方式
 
PICKUP
トラストホールディングスだけじゃない?おさえておきたい事業者ローン会社3選≫
 

有担保ながら柔軟性があり好条件の事業者ローンを提供

トラストホールディングスのサイト画像トラストホールディングスは、ファイナンス業の他に総合不動産業も手がける東京千代田区にある貸金業者。

不動産担保ローンをメインに事業者ローン、ビジネスサポートローン、住宅ローン、不動産事業者向けローン、リフォームローンなどの商品ラインナップがあります。

手持ちの不動産を担保にして有利なローンを

事業者ローンというと一般的には無担保・無保証なものが多いのですが、トラストホールディングスの場合は不動産、動産、有価証券などの担保有りが原則で、保証人が必要なケースもあります。

担保を必要とする代わりに、通常の事業者ローンでは難しい相談に応じてもらえるのが特徴です。

例えば事業内容が思わしくなく、赤字決算だとしても事業計画書などを提出して相談すれば状況に応じた融資プランを提案してもらえます。また、税金を延滞していても融資金から支払うことで融資を可能にするなど、柔軟性のある対応をしてもらえるので安心です。

有担保なので融資額も100万円~1億円と多く、実質金利も15.0%以内なので他社の無担保ビジネスローンと比較すると好条件で利用することができます。

不動産担保として利用できるもの

トラストホールディングスの不動産ローンで担保として利用できるものをいくつかご紹介します。

借地権

借地権は、その名の通り土地を借りる権利のことです。建物は賃貸ではなく自分で所有していなくてはなりません。

借地権にはいくつかの種類があり、おおまかに分けると『旧借地権』『普通借地権』『定期借地権』の三種類になりますが、「普通借地権」の場合には注意が必要。普通借地権には地上権と賃借権があり、地上権でしたら第三者へ売ることや貸すことができますが、賃借権の場合は地主の方の承諾が必要となります。

底地権

所有している土地に借地権が設定されている場合、所有者の持っている土地所有権のことを「底地権」と言います。

第二第三抵当権

抵当権とは住宅ローンなどでお金を借りる際に、家や土地を借金の担保としてあらかじめ確保しておくためのもので、一つの不動産に2つ、または3つの抵当権が設定されている場合、先に設定されたものから順に第一、第二、第三という呼び方をします。これは、弁済を受ける優先順位を表してもいます。

共有持ち分

一つの不動産を複数の人が所有する場合、どの人がどのくらいの割合で持つかを示すものです。例えば、夫婦で住宅を購入する場合は、夫や妻がそれぞれいくらずつ出して購入したかによって共有持ち分が決まります。

トラストホールディングスのその他のサービス

トラストホールディングスの不動産担保ローンは、上記で説明したほかにも様々な方法があり、利用者の状況や担保の審査結果に合わせたプランを提案してくれます。

その他、他の金融機関では借入れが難しいと言われている、開業資金の融資にも積極的です。ビジネスサポートローンと呼ばれる商品があり、資金使途が新規の開業資金の法人・個人を対象に融資を行なっています

こちらの融資額は300万円~1億円(それ以上は要相談)で、利率は年3.0%~8.8%。実質金利も15%以内ですので、比較的申し込みしやすいかと思います。

ビジネスサポートローンも、事業者ローンと同様に不動産、動産、有価証券などの担保が必要ですが、これから事業をスタートしたいという人にとってはありがたいプランと言えるでしょう。

また、使い道が自由なフリーローンもあります。10万円~500万円の融資額が可能で、担保や保証人は原則不要。午前中の申し込みで、最短で当日に融資を受けられるのは有難いですね。

他にも、住宅ローンやリフォームローンなど、利用者のニーズに合わせた幅広いサービスを展開していますので、どのローンが向いているのか相談してみると良いでしょう。

事業者ローンの申し込みから融資まで

トラストホールディングスでの融資までの流れは、「申し込み」→「審査・プラン設計」→「契約、融資」の3ステップ。まずは、電話などで相談したし、必要書類を揃えて審査を行い、契約・融資という流れになります。

トラストホールディングスで事業者ローンを契約する時に必要となる書類をご説明します。申し込み時に準備しておくと融資までの時間を短縮できます。

  • 1.本人確認書類(運転免許証や保険証)
  • 2.住民票(世帯全員で省略無しのもの)
  • 3.実印
  • 4.印鑑登録証明書

上記4つは、どのローンでも必須書類となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

また、ローンの種類や担保にするものによっては、不動産関係の書類や収入証明書類などの提出を求められたり、あると審査がスムーズになったりする場合もありますので参考になさってください。

  • 会社の謄本(法人の場合は必須)
  • 確定申告書(直近で3年分)
  • 決算報告書(直近で3年分)
  • 土地や建物の登記簿謄本
  • 公図(土地の区画や地番が示されている図面)
  • 給与証明書(源泉徴収票)若しくは給与明細
  • ほかに借入があれば、その借入金の残高を証明するもの
  • 事業計画書

トラストホールディングス利用者からの評判

  • 今すぐ資金繰りを何とかしなければならないという状況でしたが、トラストホールディングスさんは銀行や大手業者とはスピードが違い、素早く審査をしてもらったので助かりました。
  • 他社もいろいろと検討してみたのですが、トラストホールディングスさんは担当の方が熱心で様々なケースを一緒に考えてもらえたのでお願いすることに決めました。

会社情報

  • 会社名:トラストホールディングス株式会社
  • 所在地:東京都千代田区有楽町1-2-15 マーカスオービットビル4F
  • 設立:2009年6月29日

おさえておきたい事業者ローン会社3選

(1)ユニーファイナンス

ユニーファイナンスのサイト画像

顧客目線の柔軟な対応が評判

事業者ローンの商品概要

(2)ビジネクスト

ビジネクストのサイト画像

安定したバックボーンが特徴

事業者ローンの商品概要

(3)ビジネスパートナー

ビジネスパートナーのサイト画像

ニッチ分野へ積極的に参入

事業者ローンの商品概要

この記事の関連のページ