資金調達におすすめの事業者ローン3選 » 事業者ローン以外の資金調達方法

事業者ローン以外の資金調達方法

ここでは資金調達をするために考えられる事業者ローン以外の方法について紹介しています。

様々な資金調達方法

資金調達のイメージ

会社や個人事業主などの事業者が、資金調達の相談先として真っ先に考えるのはおそらく銀行からの借入れでしょう。

一番身近な存在で低金利のイメージがありますし、信頼性という点でも安心感があるのが銀行です。

確かに銀行が本来行なっているプロパー融資は、低金利で返済期間も長く大きな金額を借入れることができます。

ところが、プロパー融資は審査が厳しく、事業者としての信用が無ければなかなか融資が成立しません。

そこで無担保・無保証で審査までの時間が短い事業者ローンが注目されているのですが、それ以外にも様々な資金調達方法はあります。

銀行・事業者ローン以外の資金調達方法とは

例えば同じ事業者ローンであっても、不動産などの担保を差し出せば審査には少し時間がかかりますが、低金利で融資可能額も引き上げられます。

できるだけ良い条件で借入れをしたいという場合は、有担保ローンも有効な方法の一つになります。

また、それほど大きな金額を必要としないのであれば、ビジネスカードローンを利用すれば融資限度額の範囲内で提携するATMから何回でも借入れができます。

手続きも簡単で個人事業主でも気軽に利用できるというメリットもあります。

その他、事業規模がそれほど大きくない会社や個人事業主の場合は、いわゆるメガバンクと言われる銀行よりも信用金庫の方が積極的に融資の相談に応じてもらえます。

信用金庫は利益第一主義ではなく地域社会の利益を第一に考えているからです。

したがって、資金調達を検討する場合は銀行や一種類の融資方法に固執せずに、多角的にあらゆる方向から考えることが重要です。

ここでは今まで例に挙げたプロパー融資、ビジネスカードローン、有担保ローン、信用金庫などについてさらに詳しい解説をしている他に、エンジェル投資家、私募債といった資金調達方法についても紹介しています。

なかなか融資の審査が通らなくて資金調達の方法に悩んでいるという方は、視野を広げるという意味でも是非参考にしていただければ幸いです。

ビジネスカードローン

必要な資金額がそれほど大きくない場合は、ビジネスカードローンの利用を検討するのも良いでしょう。

事業者ローン(商工ローン、ビジネスローン)では、業歴が問われたり審査に時間が掛かったりすることがネックな場合もあります。

その点、ビジネスカードローンなら業歴に関係なく申し込めますし、すばやい審査が行われるので早ければ当日中に融資の可否を知ることができます。

さらには、ほとんどのビジネスカードローンが無担保・無保証で借り入れ可能であること、総量規制の対象外であること、コンビニのATMが利用できることなど、メリットはたくさんあります。

ただし、金利が高いといったデメリットもありますので、事前によく調べてから利用するようにしましょう。

>>ビジネスカードローン

有担保ローン

大きな資金が必要な場合は、有担保ローンを検討してみましょう。

有担保ローンとはその名の通り、不動産などの担保をもとにして必要な資金を融資してもらうものです。銀行でもノンバンクでも取り扱いがあります。

事業者ローン(商工ローン、ビジネスローン)などの無担保ローンに比べて、有担保ローンは金利が低く融資枠も大きいのが特徴です。

無担保にこだわらないのであれば、低金利というメリットを受けることができます。

ただし、有担保ローンの場合は経営状況などの審査もありますし、結果が出るまでには多少の時間が掛かります。

急いで資金を調達しなければいけないケースでは、融資までのスケジュールを確認したほうが良いでしょう。

>>有担保ローン

信用金庫

銀行や事業者ローン(商工ローン、ビジネスローン)以外の資金調達方法としては、信用金庫からの融資も選択肢の一つでしょう。

信用金庫というのは営業地域の発展を目的とした金融機関で、融資を受けられるのは地域の中小企業や個人事業主などの会員です。規模が大きな企業は、信用金庫の会員になることはできません。

このように、信用金庫は利益よりも地域の発展を優先的に考えている金融機関であるため、銀行に比べて融資の相談がしやすい環境です。

もちろん審査が甘くなるということはありませんが、親身になって話に耳を傾けてくれる可能性は高いでしょう。

ただし、銀行に比べて1件あたりの融資額が低いため、金利は少々高めに設定されています。

>>信用金庫

プロパー融資

プロパー融資とは、銀行が行う融資の1つです。信用保証協会の保証を受ける融資ではなく、銀行から直接借り入れるのがプロパー融資です。

信用保証協会が間に入る融資では一定の保証料を支払わなければいけませんが、プロパー融資の場合は保証料の必要はありません。

また、限度額も設定されていないので、大きな資金が必要なときには便利な融資です。低金利で長期間借り入れることができます。

ただし、プロパー融資は審査がとても厳しいことで知られています。審査には時間が掛かりますので、急に資金が必要になったときには向いていないかもしれません。

手間と労力が掛かってもメリットを受けられるという場合には、プロパー融資も検討してみましょう。

>>プロパー融資

その他の事業資金調達

銀行や事業者ローン以外の資金調達方法として、ビジネスカードローンや有担保ローン、信用金庫、プロパー融資などを紹介してきましたが、その他の調達方法としてどのようなものが考えられるでしょうか。

資金調達方法にはさまざまありますが、信用保証付き融資、エンジェル投資家、私募債、コミットメントライン、シンジケートローンなどが挙げられます。

信用保証付き融資やコミットメントライン、シンジケートローンは、銀行や信用金庫などの金融機関から調達する方法です。

エンジェル投資家や私募債は投資家に出資をしてもらうことで資金を調達する方法です。

さまざまな調達方法の中から、それぞれのケースに合った融資を見つけ出すことが大切になるでしょう。

>>その他の事業資金調達