資金調達におすすめの事業者ローン3選 » 事業者ローン以外の資金調達方法

事業者ローン以外の資金調達方法

ここでは資金調達をするために考えられる事業者ローン以外の方法について紹介しています。

様々な資金調達方法

会社や個人事業主などの事業者が、資金調達の相談先として真っ先に考えるのはおそらく銀行からの借入れでしょう。一番身近な存在で低金利のイメージがありますし、信頼性という点でも安心感があるのが銀行です。

確かに銀行が本来行なっているプロパー融資は、低金利で返済期間も長く大きな金額を借入れることができます。ところが、プロパー融資は審査が厳しく、事業者としての信用が無ければなかなか融資が成立しません。

そこで無担保・無保証で審査までの時間が短い事業者ローンが注目されているのですが、それ以外にも様々な資金調達方法はあります。

銀行・事業者ローン以外の資金調達方法とは

例えば同じ事業者ローンであっても、不動産などの担保を差し出せば審査には少し時間がかかりますが、低金利で融資可能額も引き上げられます。できるだけ良い条件で借入れをしたいという場合は、有担保ローンも有効な方法の一つになります。

また、それほど大きな金額を必要としないのであれば、ビジネスカードローンを利用すれば融資限度額の範囲内で提携するATMから何回でも借入れができます。手続きも簡単で個人事業主でも気軽に利用できるというメリットもあります。

その他、事業規模がそれほど大きくない会社や個人事業主の場合は、いわゆるメガバンクと言われる銀行よりも信用金庫の方が積極的に融資の相談に応じてもらえます。信用金庫は利益第一主義ではなく地域社会の利益を第一に考えているからです。

したがって、資金調達を検討する場合は銀行や一種類の融資方法に固執せずに、多角的にあらゆる方向から考えることが重要です。

ここでは今まで例に挙げたプロパー融資、ビジネスカードローン、有担保ローン、信用金庫などについてさらに詳しい解説をしている他に、エンジェル投資家、私募債といった資金調達方法についても紹介しています。

なかなか融資の審査が通らなくて資金調達の方法に悩んでいるという方は、視野を広げるという意味でも是非参考にしていただければ幸いです。