ビジネスカードローン

ビジネスカードローンを調べ、ローンの仕組みや設定される金利などを踏まえてメリットとデメリットを書きだしました。

  1. 融資対象が幅広いビジネスカードローン
  2. ビジネスカードローンのメリット・デメリット
 

融資対象が幅広いビジネスカードローン

融資対象が幅広いビジネスカードローンビジネスローンのでの借入れが難しそうな時に、ぜひ検討したいのがビジネスカードローン(カード型ビジネスローン)です。

通常のビジネスローン(事業者ローンとも呼びます)は、無担保・無保証で融資を受けられるので、資金調達の方法としては大変有効なのですが、融資資格が設定されていることがあります。

ビジネスローンでは、審査に2期~3期分の決算書が必要とされるのが一般的です。ということは、開業して間もない事業者は審査すら受けられないといったことがあります。

また、ビジネスローンのなかには、対象を法人のみとしている場合もあり、個人事業主は申込みができないことも(金融会社によりますので確認が必要です)。

このような場合に役に立つのがビジネスカードローン。一般のカードローンは個人向けで、事業性資金は対象外となるのですが、ビジネスカードローンであれば事業年数に関係なく、法人でも個人事業主でも事業資金の借入れができるのです。

審査のスピードはビジネスローンよりもさらに早く、ほとんどの場合申し込んだ当日に融資の可否がわかるのも特徴。さらに、融資限度額内であれば何回でも好きな時に利用でき、提携しているコンビニなどのATMを利用することができるので店舗に足を運ぶこと無く利用できる点も注目できます。

ビジネスカードローンのメリット・デメリット

ビジネスカードローンにはメリットがたくさんありますがデメリットもあります。有効に活用するためには両方をしっかり理解しておくことが重要です。

メリット

  • 無担保・無保証で借り入れができるのがほとんど。
  • 個人事業主であっても総量規制の対象にならない。
  • 融資限度額の範囲内で出し入れが自由。
  • 提携している銀行・コンビニのATMが使える。

デメリット

  • 信用度が低いため金利が高く設定される。
  • 融資限度額が低めに設定されている。
  • 数は多くはないが悪徳業者が存在する。

ビジネスカードローンは、インターネットで申し込みができるので手続きも簡単。しかも、すぐに利用できるようになります。いつでも繰り上げ返済が可能で、通常のビジネスローンのように事務手続きや手数料も必要ありません。

気軽に利用できるという反面、金利は高めになっているため借りすぎてしまうと返済するのが大変になってしまうという性質を持っています。

また、融資限度額は低めに設定されていますので、使い方としては小口~中規模の資金が急に必要になった時の備えとして考えておいた方がよいでしょう。