有担保ローン

ここでは、低金利で多くの資金を必要とする時に向いている有担保ローンの特徴について解説しています。

  1. 審査に時間はかかるが有利な条件で融資が受けられる有担保ローン
  2. 有担保ローンの審査
 

審査に時間はかかるが有利な条件で融資が受けられる有担保ローン

有担保ローンとは事業者ローンでの借入れでは、金額が足りないといった時に活用したいのが有担保ローン

一般的なビジネスローンは、無担保・無保証人が基本なので手続きが簡単&審査も時間がかからないのが良い点です。ただ、融資可能額はやや低めで金利が高くなってしまうのが難点です。

それほど大きな資金を必要としない場合は一般的なビジネスローンでも十分なのですが、事業を進めていくなかで、できるだけ低金利で多めの資金を調達したいケースも出てきます。

そのような場合は、無担保にこだわらず有担保ローンを検討してみるのもよいでしょう。有担保ローンであれば経営負担となる金利も低くなりますし、無担保ローンと比べると融資枠が大きくなるからです。

有担保ローンには売掛金の債権を担保にするものもありますが、借入限度額はそれほど大きくはならないため、不動産を担保として提供するのが一般的。もちろん、不動産は担保価値のあるものでなければなりません。

有担保ローンの審査

有担保(不動産担保)ローンのメリットとデメリットとは不動産担保ローンでは抵当権の設定などもしなければならないため、手続きや審査にも時間がかかることを覚悟する必要があります。

一般的なビジネスローンのように、数日で審査結果が出るということはなく、不動産登記簿謄本や公図、地積測量図、建物図面など必要書類も多くなります。

また、融資を受ける際には事務手数料や収入印紙代、抵当権設定費用、不動産調査料といった諸費用も発生します。

不動産担保ローンの申込先としては、銀行とノンバンクがあります。どちらも担保があるからといって経営状況を審査しないということはありません。特に銀行では3期分の決算書を提出を求められることもあり、厳しい審査を通過しなければ融資を受けることはできません

経営状況の他には、当然担保となる不動産の価値を審査することになりますので、これに時間がかかります。銀行の場合は不動産融資保証会社が保証人になるため、不動産に担保余力がなければ審査に通らないと言われています。

ノンバンクのほうが銀行より金利は高くなってしまいますが、融資までの手続きは銀行よりシンプルになっています。事業が厳しい状況の場合は、ノンバンクを選択した方が審査も通りやすく、より早く資金の調達が可能になると考えられます。