プロパー融資

銀行が本来行なっているプロパー融資(プロパーローン)とはどのようなものなのかを説明しています。

  1. プロパー融資は銀行との信頼関係なしでは成立しない
  2. プロパーローンは審査が厳しい
 

プロパー融資は銀行との信頼関係なしでは成立しない

プロパー融資は銀行との信頼関係なしでは成立しないプロパー融資は、プロパーローンとも呼ばれます。銀行が自身の責任で直接貸し出す融資のことを言います。貸し出しの損失リスクも、100%銀行が負うことになります。

銀行が行う融資には、この他に信用保証協会の保証付の融資がありますが、審査が定型化されていて、信用保証協会の信用保証がついて初めて実行されるものであるためプロパー融資とは言いません。

信用保証協会の保証付の場合は、保証料の名目で毎年お金を支払う必要がありますがプロパー融資ではこれがありません。

また、信用保証協会の保証付融資には上限が設定されていますが、プロパー融資は融資限度額がありません。そのため、審査に通れば大きな額でも必要な額を借り入れることができます。

プロパーローンは審査が厳しい

プロパー融資は低金利で返済期間も長くなるなどのメリットがありますが、当然ながら審査の内容は厳しくなります

ですので、創業したばかりの事業者が銀行からプロパー融資を受けるのは通常は不可能と言ってよいでしょう。銀行にとっては、何の信用もない相手と取引をするのはリスクが高いためです。

当然ながら、ビジネスローンのように無担保・無保証で提出する書類は決算書のみでよいといったこともありません。不動産などの担保や第三者連帯保証人が必要になる場合もあります。

プロパー融資は銀行との信頼関係なしでは成立しない銀行のプロパー融資では返済能力が求められますので、最初にチェックされるのは税引き後当期利益です。自己資本もチェックされ、利益が多く自己資本が充実した内容であれば審査に通りやすくなります

この他、場合によっては経営者自身の人柄なども影響することがありますので、決算書の数字ばかり気にしていてもよい結果が出るとは限りません。

プロパー融資で銀行から借入れをしたいなら、信頼関係を築くことが第一です。そのためにはいきなりプロパー融資を考えるのではなく、信用保証協会の保証付融資で何度か借入れと返済の実績を上げながら、プロパー融資に切り替える流れを作ることです。

さらにプロパー融資に移る際もいきなり巨額の借入れを行うのではなく、小口のプロパー融資で信用をつけてから徐々に額を大きくしていくほうがよいでしょう。