不動産担保貸付

ここでは、土地や建物などの不動産を担保として融資を受ける不動産担保貸付の特徴やメリット・デメリットについて解説しています。

土地や建物を担保に借り入れできる不動産担保貸付

不動産担保貸付は所有する土地や建物などの不動産を担保に金融機関や消費者金融から融資を受ける資金調達の方法です。担保とする不動産の価値や融資申込者の支払い能力によって融資限度額が決定されるので、他の事業者ローンと比べて高額融資を受けやすいのが特徴。資産価値の高い担保のおかげで、審査にも比較的通りやすいのもポイントです。

不動産担保貸付で担保として設定する不動産は融資申込者本人の名義である物件でなくてもかまいません。例えば親や配偶者、また他人名義の不動産であっても担保として設定可能です。仮に資産価値の高い不動産を自分で所有していなくても家族や親戚の協力を得られれば、高額の融資を受けられるでしょう。

不動産担保貸付は金利が低く長期返済も可能なので、事業の開業資金として融資を受けたい方が多く利用しています。金融機関だけでなく消費者金融などのノンバンクでも広く取り扱われている点も、利用者が多い理由です。

不動産担保貸付のメリット・デメリット

不動産担保貸付には多くのメリットがありますが、逆にデメリットも存在しています。メリット・デメリットを把握してから利用しましょう。

メリット

低金利で融資を受けられる

無担保ローンと比べると、不動産担保貸付は低金利で融資を受けられます。 これは資産価値の高い不動産を担保に設定することで、融資を行う側のリスクが少なくなるからです。受けた融資が返済不能となった場合には担保とした不動産が競売にかけられるので、融資を行なった側の貸し倒れリスクを抑えられます。

高額融資が可能

不動産担保貸付では高額融資を受けられます。一般的に無担保ローンの場合、融資額の多いところでも最大1,000万円程度とされていますが、不動産担保貸付の場合は億単位の融資が可能です。最大10億円まで融資を行なっている金融機関も存在します。融資限度額は担保とする不動産の資産価値と融資申込者の支払い能力によって変化するもの。人によって融資を受けられる額は異なります。億単位の融資が可能なので、個人だけでなく法人の方にも不動産担保貸付を利用するメリットがあるでしょう。

長期の返済期間に対応

不動産担保貸付では高額融資を受けることが多く返済金額が大きいため、長期での返済が可能です。金融機関によっては最大30年以上の返済期間を設定できるところも。毎月の返済額を低く設定して長期に渡り返済できるので、余裕を持った返済計画を立てやすくなるでしょう。

事業用資金として利用できる

不動産担保貸付の資金使途は自由度が高いのが特徴です。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどのように限定された使途はなく、債務者が自由に使えるので事業用資金として利用できます。自宅を担保に資金を調達して、新しい事業を始められるのは大きなメリットとなるでしょう。

デメリット

返済不能の場合には不動産を失う

不動産担保貸付で融資を受けた方が返済できなくなってしまった場合、不動産を失ってしまいます。不動産を担保に融資を受けているので、その不動産の抵当権は債権者に当たる金融機関にあると登記に記されています。返済不能になった時には担保にした不動産が競売にかけられて、競り落とされた代金は金融機関が回収することになるのです。このため返済不能の場合には、債務者は担保にした不動産を失ってしまいます。高額融資を受けられる反面、返済不能時のリスクが大きいので注意が必要です。

審査から融資実行までに時間がかかる

不動産担保貸付で融資を受ける場合、審査から融資実行までに時間がかかります。無担保ローンの場合には最短で即日融資が可能という金融機関や消費者金融もありますが、不動産担保貸付では担保にする不動産の価値を評価するのに時間がかかるため、審査から融資実行までに通常1〜2週間かかります。このため、早急に融資を受けたい方には向かない資金調達方法だと言えるでしょう。不動産担保貸付を利用する場合は、余裕を持って申込まなければなりません。

利用には事務手数料などがかかる

無担保ローンの場合に事務手数料はかかりませんが、不動産担保貸付では事務手数料や登記費用などがかかります。不動産担保貸付を利用する際には、融資額の1〜3%が手数料となり、登記の費用や不動産調査費などがかかるので、融資額によっては数十万円の費用が必要です。