信用金庫

信用金庫で事業融資を受ける際の利用条件や特徴について解説しています。

  1. 信用金庫で事業融資を受けるための条件とは
  2. 信用金庫と銀行の違い
 

信用金庫で事業融資を受けるための条件とは

信用金庫で事業融資を受けるための条件とは地元密着型で中小企業や個人事業主にやさしい金融機関の代表といえば信用金庫があります。

そもそも信用金庫は、1951年6月15日に公布された信用金庫法に基づき、地元の小規模事業者の円滑な経営と地域経済の活性化を目的として設立されたという経緯があるからです。

信用金庫は地域の人が会員となって、地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関です。

したがって融資取引の対象者は各信用金庫の営業地域で事業を行なっている事業者で、基本的には会員に限定されています。ただし預金や700万円以内の少額融資の場合は非会員でも条件はやや悪くなるものの利用することは可能です。

会員となるための条件としては、従業員数が300人以下あるいは資本金が9億円以下のどちらか少なくとも一方を満たしている必要があります。この条件を超えるような企業は会員になることができないため融資を受けることはできません。

例えば最初は小さかった企業が成長して従業員も資本金も増えてしまった場合でも、融資を受けられなくなることがあり、こうした企業は「卒業生」と呼ばれます。

信用金庫は中小企業や個人事業主のためのものですから、大企業は最初から銀行と取引したほうが賢明でしょう。

信用金庫と銀行の違い

信用金庫で事業融資を受けるための条件とは信用金庫と銀行との違いですが、業務内容に関してはほとんど変わりがありません。

しかし、信用金庫は協同組織金融機関で会員による相互扶助を目的としているのに対し、銀行は株式会社ですので利益第一主義です。株主の利益が優先され銀行の主な取引先が大企業なのもそのためです。

信用金庫は地域社会の利益を第一と考えているため、地元の中小企業や個人事業主にやさしいのです。会社を訪問し融資の必要がないかの聞き取りなども行なってくれるので、心強い味方と言えるでしょう。

もちろん融資の際に信用金庫は銀行より審査が甘いということはありません。しっかりとした事業計画と経営状況がよいことは大前提です。しかし大手銀行が中小企業に対する融資に消極的で断った相手でも、信用金庫は積極的に耳を傾ける傾向があることは確かです。

中小企業や個人事業主にとって融資の相談がしやすいのが信用金庫ですが、金利面では銀行よりも信用金庫の方が高くなります。メガバンクと比較すると1%程度、地方銀行と比べても0.5%程度融資金利は高くなると考えてよいでしょう。

これは信用金庫が利益を確保したいからというわけではありません。信用金庫は銀行に比べると1件当たりの融資額が低めなものを数多く扱っているため、審査のための人件費がかさんでしまうからです。

融資額によって人件費は大きく変わりませんので、1件当たりの融資額が高い銀行の方が低金利を実現できるのです。少額融資が多い信用金庫で金利が高くなるのは仕方がない面があります。

銀行は金利は低いですが、営利企業なので手を引くの時も早いです。困ったときに救いの手を差し伸べてくれる信用金庫とは、できるだけお付き合いを続けておく方がよいでしょう。