事業者ローンは審査甘いって本当?

銀行融資で審査が通らないから事業者ローンを申し込んだのに、その審査も通らなかったという経験をお持ちの事業主もいるのではないでしょうか。事業者ローンの審査は甘いと言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?実際にどのような審査が行われているのか、仕組みを詳しく調べてみました。事業者ローンを利用しようとお考えの方はぜひご一読ください。

銀行系に比べノンバンク系は比較的甘い

ズバリ銀行系に比べてノンバンク系の事業者ローンは甘い傾向にあります。その理由として以下の点が挙げられます。

提出書類が少ない

銀行系の融資は事業報告や決算資料など、提出資料が多く経営状態を把握してもらうために細かく書類を提出しなくてはならないのに対し、ノンバンク系は決算書の提出のみのところが多い傾向にあります。

また信用金庫は地域密着型なので、地元の個人事業主にとっては銀行より敷居が低く融資を受けやすい傾向にありますが、経営者以外に連帯保証人を用意しなくてはならないことも。それに比べてノンバンクは民間の個人事業向け融資として事業者ローンやビジネスローンといった、担保や保証人が不要で即日融資してくれる融通が利きやすい専用の商品を提供しています。各会社ごとに上限貸付金額や金利が異なる為、自社の事業内容や事業計画にあったものを選ぶことが可能です。

独自のデータで審査するため融通が利くことも

融資の審査においても銀行や信用金庫などと基準が異なります。ノンバンクはこれまでの融資データを独自で抱えていて、スコアリングシステムと呼ばれる計算システムでその会社の貸し倒れ率を計算。そのスコアに合わせて融資金利が決められます。貸し倒れ率が一定のラインを超えない場合なら融資をしてくれるでしょう。

各社が独自の審査システム基準を持っているので、例えばA社は融資を断ってきたがB社は貸付に応じてくれるといったことが起きます。1社のビジネスローンに断られてしまったからと言って諦めず、複数の業者に相談してみるといいでしょう。

独自のデータで審査するため融通が利くことも

必要書類提出が必要ないところは危険

全く審査がないという広告は要注意

事業者ローンを申し込む場合、銀行や信用金庫よりも審査の甘い業者は存在しますが、全く審査がないわけではありません。事業者向けローンを審査する際には代表者を確認できる書類や登記簿謄本、決算書などの提出を求められます。個人事業主の場合なら確定申告2年分の提出などが一般的。個人向けローンの場合なら年収に関わらず書類審査なしで借りられる場合がありますが、経営が安定する見込みや将来性などさまざまな側面で審査される事業者ローンの場合、融資を検討するのに時間がかかるのです。そのため「審査がない」という言葉には注意しなくてはなりません。「他社で断られた方でも融資!」や「必ず貸します」といった文言のある広告は、闇金業者など違法に操業している業者の可能性が高いので慎重に見極めましょう。

個人情報が狙われることも

貸金業者は、契約前の問合せ内容でも個人情報を漏らさないことを明示するため、個人情報保護方針を必ず掲げています。融資をするという名目で、目的は個人情報だけをとるといった悪質な業者も存在するので必ず個人情報保護方針を遵守している業者かどうかを確かめてから申し込みを行ないましょう。

違法業者(闇金)の見極め方

審査の甘い事業者ローンを利用しようと考えた時、金利の高い中小規模の消費者金融が提供しているビジネスローンや、地元で営業している金融業者のほうが融通も利きやすいもの。しかし、その業者が違法に操業する闇金業者ではないかをよく注意して確認しなくてはなりません。

闇金を見破る為に、まず必ず登録番号を確認しましょう。金融業者は貸金業を営むために必ず金融庁に登録しており、「都道府県知事番号」や「財務局長番号」を持っています。金融庁のウェブサイトで業者名と番号の登録状況を確認することができるので、番号自体が本当に存在するものかまできちんと調べましょう。

中には実在する登録業者の名前や登録番号を使用し、偽の住所や電話番号でチラシを作成して集客を目論む悪質な詐欺業者もあります。はじめて融資を申し込む際には、前もって地方自治体の貸金業対策課に代表登録されている住所や電話番号などを問い合わせて確認しておくと安心です。

「日本貸金業協会」という組織にも登録制度がありますが義務付けられているものではなく、協会に加盟していないからと言って「闇金」というわけではありません。ですが優良業者のほとんどは中小規模であっても日本貸金業協会に加盟しています。この登録番号もあわせて参考にするとよいでしょう。

信用金庫は地域密着型なので、地元の個人事業主にとっては銀行より敷居が低く融資を受けやすい傾向にありますが、経営者以外に連帯保証人を用意しなくてはならないことも。それに比べてノンバンクは民間の個人事業向け融資として事業者ローンやビジネスローンといった、担保や保証人が不要で即日融資してくれる融通が利きやすい専用の商品を提供しています。各会社ごとに上限貸付金額や金利が異なる為、自社の事業内容や事業計画にあったものを選ぶことが可能です。