融資を受けやすい時期って?

ここでは事業運転資金をビジネスローンで調達する場合の最適な時期とその理由について解説しています。

融資を受けやすい時期は年に3回ある

融資を受けやすい時期って?ビジネスローンは受付期間が設定されているわけではないので、いつでも申し込むことはできます。ですが、融資が通りやすい時期があるとすれば、知りたいという人も多いのではないでしょうか。

実は1年のうちで3月、9月、12月は融資の審査が通りやすいと言われています。もちろん確実に審査が通るという意味ではありません。赤字がひどく債務超過になっていたり、税金の未納などがあれば難しくなります。

ただ、他の月に申し込むよりは、融資を受けることができる可能性が高くなる時期であることは確か。事業運転資金の調達などのために、あらかじめ知っておきたいところです。

3月

3月は多くの会社で年度末決算月になっているので、業績を上げる方向で動きます。

ビジネスローンを扱う会社も同じで、利益を上げるためには融資額を増やさなければなりません。審査で弾いてばかりいては業績は上がりませんので、できるだけ審査を通そうとするわけです

9月

9月も3月とほぼ同じ理由で、審査が通りやすい時期と考えられます。9月は中間期の締めの月に当たるからです。多くの利益を上げるため、積極的に融資を行うことが予想されます。3月を逃してしまったら次は9月が狙い目です。

12月

12月は仕入が増えたりボーナス時期も重なり、会社にとって支出が増える時期になります。したがって事業運転資金を調達するために、ビジネスローンで融資を受けたいという需要も高まります。

ビジネスローン会社にとっても利益を得るチャンスとなりますので、積極的に融資を実行することになります

以上のように融資を受けやすい時期は確かにあります。ただし、緊急時は時期など考えている余裕はありませんし、会社の業績が好調で審査に不安が無ければ申し込み時期をあまり気にしなくても大丈夫です。

決算書の内容を確認して審査に通るか微妙な状態であったり、今すぐ資金は必要な状況ではなく融資のタイミングを調整できるという場合には、審査に通過しやすい時期を考慮に入れて申し込むとよいでしょう。