アクトウィル

中小企業など法人(年商:5,000万円以上)を対象としたアクトウィルのビジネスローンについて、事業資金融資としての特徴や貸付条件、評判などを徹底調査しました。

アクトウィルの事業者向けローン商品

アクトウィル公式HP
画像引用元:アクトウィル公式HP
https://actwill.co.jp

商品名 ビジネスローン・事業資金融資
実質年率 7.50% 〜 15.00%
融資額 300万円〜1億円(または5,000万円)
担保、保証人 不要
返済方式 一括または分割返済(元金均等払い)

最短60分審査・最短即日融資・最大1億円のノンバンク系ビジネスローン

アクトウィルのビジネスローンは、年商5,000万円以上の法人を対象とした事業資金融資であり、事業者のさまざまな悩みへ迅速に対応することが重視されています。

そのため審査は最短60分、さらに午前中に申し込んだうえでFAXを使って速やかに必要書類を提出することができれば、その日の午後に融資を受けることも可能。

加えて、24時間365日のメール相談受付に対応しているだけでなく、相談や仮審査は全て無料で依頼できるので、他のローン会社や金融機関で断られた事業者でも気軽に相談できることが特徴です。

無担保・無保証で日本全国の企業に対応

企業の代表者の連帯保証があれば、法人契約として無担保・無保証での融資を申し込めます。

日本全国の企業からの申込みに対応しており、直接に来店できなくても電話やFAX、郵送などを活用してビジネスローンを依頼できることもポイントです。

なお、融資金は指定の銀行口座へ振り込まれますが、近隣の企業の場合はアクトウィルの窓口から利用することも可能です。

新規貸付キャンペーンの対象者であれば30日間利息無料

アクトウィルのビジネスローンの金利は、申込み事業主との末永い付き合いを大切にするため、事前に相談・確認した事業計画などを考慮したうえで決定されます。

また、小切手や手形を持っている場合、「30日間利息無料」の新規貸付キャンペーンを利用可能です。

アクトウィルのビジネスローンのデメリット

アクトウィルのビジネスローンは年商5,000万円以上の法人を対象とした事業資金融資となっており、年商5,000万円未満の法人や個人事業主は利用することができません。また、融資最低金額が300万円となっており、基本的に一定規模以上の企業向けローンといえます。

加えて、原則的に第三者保証人や不動産担保は必要としませんが、融資審査を受けなければならないため、決算報告書の内容によっては審査におちてしまう可能性もあるでしょう。ただし、そもそも対象企業の年商に制限があるため、基準を満たしている企業であれば審査についてそこまで警戒する必要はないかも知れません。また、返済期間が最大36回(3年)という点も、場合によってはデメリットになり得ます。

なお、貸付条件として融資額の上限は最大1億円となっていますが、まずは原則として最大5,000万円が上限となります。その他、遅れ損害金年率が20.00%ということも注意すべきポイントでしょう。

アクトウィルのビジネスローン利用者からの評判

アクトウィルのビジネスローンについて利用者からの評判は見つかりませんでした。

会社情報

  • 会社名:アクト・ウィル株式会社
  • 所在地:東京都豊島区東池袋3-11-9
  • 設立:平成25年5月9日